相続手続
相続手続
HOME | 相続手続

相続手続


不動産の名義変更

 親族が亡くなり、土地・建物・マンションを相続したときは、相続登記をします。相続登記をするには、戸籍等の必要書類の収集や法務局への登記申請をする必要がありますが、遺言書の有無など、各場面により手続きの進め方は異なります。
 
【遺言書がある場合】
 被相続人が遺言書を残している場合、不動産を取得できる相続人は、遺言書に記載されている相続人になります。また、自筆証書遺言のときは、家庭裁判所に検認の申立てが必要になります。
 【注意点】
 封印がされている遺言書を家庭裁判所の検認を受けずに開封した場合や遺言書の検認を怠った場合は、5万円以下の過料に処せられることがありますのでご注意下さい。
 
【遺言書がない場合】
 ①【特定の相続人が不動産を取得する場合 】
 被相続人が遺言書を残していない場合は、原則として法律で定められた割合で相続することになります。
 しかし、例えば自宅を母親名義にするなど、特定の相続人が不動産を取得するには、遺産分割協議書の作成が必要となります。また、相続人の中に未成年者がいるときは、家庭裁判所に特別代理人の選任の申立てが必要になり、認知症・知的障害・精神障害などの理由で判断能力の不十分な人がいるときは、家庭裁判所に後見開始の申立てが必要となります。
 
 ②【 法律で定められた割合で相続人全員が取得する場合 】
 被相続人が遺言書を残しておらず、相続人が2人以上いて、遺産分割協議書の作成をしない場合は、法律で定められた割合により相続人全員の共有になります。
 
 当事務所では、相続登記に必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 

不動産の名義変更

 親族が亡くなり、土地・建物・マンションを相続したときは、相続登記をします。相続登記をするには、戸籍等の必要書類の収集や法務局への登記申請をする必要がありますが、遺言書の有無など、各場面により手続きの進め方は異なります。
 
【遺言書がある場合】
 被相続人が遺言書を残している場合、不動産を取得できる相続人は、遺言書に記載されている相続人になります。また、自筆証書遺言のときは、家庭裁判所に検認の申立てが必要になります。
 【注意点】
 封印がされている遺言書を家庭裁判所の検認を受けずに開封した場合や遺言書の検認を怠った場合は、5万円以下の過料に処せられることがありますのでご注意下さい。
 
【遺言書がない場合】
①【特定の相続人が不動産を取得する場合 】
 被相続人が遺言書を残していない場合は、原則として法律で定められた割合で相続することになります。
 しかし、例えば自宅を母親名義にするなど、特定の相続人が不動産を取得するには、遺産分割協議書の作成が必要となります。また、相続人の中に未成年者がいるときは、家庭裁判所に特別代理人の選任の申立てが必要になり、認知症・知的障害・精神障害などの理由で判断能力の不十分な人がいるときは、家庭裁判所に後見開始の申立てが必要となります。
 
②【 法律で定められた割合で相続人全員が取得する場合 】
 被相続人が遺言書を残しておらず、相続人が2人以上いて、遺産分割協議書の作成をしない場合は、法律で定められた割合により相続人全員の共有になります。
 
 当事務所では、相続登記に必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 

預貯金の口座解約、株式の名義変更

 親族が亡くなり、預金や株式などを相続したときは、銀行での預金口座の解約や証券会社での株式の名義変更をします。銀行や証券会社の手続きをするには、戸籍等の必要書類の収集や各金融機関の所定の手続きをする必要がありますが、遺言書の有無など、各場面により手続きの進め方は異なります。
 
【遺言書がある場合】
 被相続人が遺言書を残している場合、財産を取得できる相続人は、遺言書に記載されている相続人になります。また、自筆証書遺言のときは、家庭裁判所の検認の申立てが必要になります。
 【注意点】
 封印がされている遺言書を家庭裁判所の検認を受けずに開封した場合や遺言書の検認を怠った場合は、5万円以下の過料に処せられることがありますのでご注意下さい。
 
【遺言書がない場合】
①【特定の相続人が財産を取得する場合 】
 被相続人が遺言書を残していない場合は、原則として法律で定められた割合で相続することになります。
 しかし、例えばA銀行の預金は母親が取得するなど、特定の相続人が財産を取得する場合には、遺産分割協議書の作成が必要となります。また、相続人の中に未成年者がいるときは、家庭裁判所に特別代理人の選任の申立てが必要になり、認知症・知的障害・精神障害などの理由で判断能力の不十分な人がいるときは、家庭裁判所に後見開始の申立てが必要となります。
 
②【 法律で定められた割合で相続人全員で財産を分ける場合 】
 被相続人が遺言書を残しておらず、相続人が2人以上いて、遺産分割協議書の作成をしない場合は、法律で定められた割合により分配することになります。
 
 当事務所では、銀行での預貯金の口座解約や証券会社での株式の名義変更などに必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 

預貯金の口座解約、株式の名義変更

 親族が亡くなり、預金や株式などを相続したときは、銀行での預金口座の解約や証券会社での株式の名義変更をします。銀行や証券会社の手続きをするには、戸籍等の必要書類の収集や各金融機関の所定の手続きをする必要がありますが、遺言書の有無など、各場面により手続きの進め方は異なります。
 
【遺言書がある場合】
 被相続人が遺言書を残している場合、財産を取得できる相続人は、遺言書に記載されている相続人になります。また、自筆証書遺言のときは、家庭裁判所の検認の申立てが必要になります。
 【注意点】
 封印がされている遺言書を家庭裁判所の検認を受けずに開封した場合や遺言書の検認を怠った場合は、5万円以下の過料に処せられることがありますのでご注意下さい。
 
【遺言書がない場合】
 ①【特定の相続人が財産を取得する場合 】
 被相続人が遺言書を残していない場合は、原則として法律で定められた割合で相続することになります。
 しかし、例えばA銀行の預金は母親が取得するなど、特定の相続人が財産を取得する場合には、遺産分割協議書の作成が必要となります。また、相続人の中に未成年者がいるときは、家庭裁判所に特別代理人の選任の申立てが必要になり、認知症・知的障害・精神障害などの理由で判断能力の不十分な人がいるときは、家庭裁判所に後見開始の申立てが必要となります。
 
 ②【 法律で定められた割合で相続人全員で財産を分ける場合 】
 被相続人が遺言書を残しておらず、相続人が2人以上いて、遺産分割協議書の作成をしない場合は、法律で定められた割合により分配することになります。
 
 当事務所では、銀行での預貯金の口座解約や証券会社での株式の名義変更などに必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 

法定相続情報証明制度

 親族が亡くなり、不動産の名義変更、預貯金の口座解約、株式の名義変更、相続税の申告等をするには、戸籍や住民票を提出する必要があります。複数の機関で手続きを行う場合は、提出先の数だけ同じ戸籍や住民票を何枚も取得することになり、取得費用が増えて非常に負担となります。
 このような場合は、戸籍や住民票の代わりとなる法定相続情報一覧図を法務局で作成することができます。提出先の数に応じた必要な枚数を発行してもらえるので大変便利です。
 
 当事務所では、法定相続情報一覧図の作成に必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 

法定相続情報証明制度

 親族が亡くなり、不動産の名義変更、預貯金の口座解約、株式の名義変更、相続税の申告等をするには、戸籍や住民票を提出する必要があります。複数の機関で手続きを行う場合は、提出先の数だけ同じ戸籍や住民票を何枚も取得することになり、取得費用が増えて非常に負担となります。
 このような場合は、戸籍や住民票の代わりとなる法定相続情報一覧図を法務局で作成することができます。提出先の数に応じた必要な枚数を発行してもらえるので大変便利です。
 
 当事務所では、法定相続情報一覧図の作成に必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 

相続放棄

 親族が亡くなり、借金を残していたため相続放棄をする場合は、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申立てをする必要があります。そして、3か月以内に手続きを行わなかった場合や被相続人の不動産や預貯金をご自身の名義にするなど財産を処分した場合は、相続を承認したことになります。
 
 ただし、下記の場合は、放棄の期間を延長できる可能性があります。
  相続財産が全くないと信じ、かつそのように信じたことに相当な理由があるとき
  3か月以内に相続財産の状況を調査しても、なお、承認又は相続放棄のいずれをするかを決定できないとき
 
 相続放棄は、原則として3か月と期間が決まっており、その期間内に必要書類の収集と申立てをしなければならないため、専門家に相談することをお奨めします。
 当事務所では、相続放棄に必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 
 -上記の他にもお気軽にご相談下さい。-
 

相続放棄

 親族が亡くなり、借金を残していたため相続放棄をする場合は、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申立てをする必要があります。そして、3か月以内に手続きを行わなかった場合や被相続人の不動産や預貯金をご自身の名義にするなど財産を処分した場合は、相続を承認したことになります。
 
 ただし、下記の場合は、放棄の期間を延長できる可能性があります。
  相続財産が全くないと信じ、かつそのように信じたことに相当な理由があるとき
  3か月以内に相続財産の状況を調査しても、なお、承認又は相続放棄のいずれをするかを決定できないとき
 
 相続放棄は、原則として3か月と期間が決まっており、その期間内に必要書類の収集と申立てをしなければならないため、専門家に相談することをお奨めします。
 当事務所では、相続放棄に必要な全ての手続きをお任せ頂けます。
 
-上記の他にもお気軽にご相談下さい。-
 

不動産登記

詳しくはこちら

遺言書作成

詳しくはこちら

家族信託

詳しくはこちら

成年後見

詳しくはこちら

会社登記

詳しくはこちら


アクセス


〒344-0067
春日部市中央7-10-23
 
市役所通りとハクレン通りの交差地点
JA南彩・春日部支店さんの向かいです
 
-建物裏に駐車場ございます-

春日部司法書士事務所